スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクササイズ時のメイク

それがたとえ人生の転機でも「めんどうだから・・・」と手抜きをしてしまうほど面倒臭がりなことこの上ない私ですが、ポール&ジョーの2/1発売のディズニーとコラボのシリーズは予約すべく午前中電話しまくりました。
ポール&ジョー ハンドクリーム(ディズニー)

(写真は@cosmeからお借りしました)
結果、撃沈・・・。
午後になってやっとつながったと思ったら「終了しました。」
これだよ、頑張ってもダメだった~的落胆がこうしてあるから限定モノの予約とか頑張りたくないんだよ。
たかが化粧品に・・・と冷静な自分が更生を促します。
でも2/1は朝から高島屋に走ってみます。

話はがらりとかわって、今日ジャザサイズを体験しに行ってまいりました。
いやーいい汗かいた!こんなに汗かいたのは出産後初めてじゃなかろうか。
しばらく通っていい筋肉をつけたいと思います。

んで今日疑問に思ったのが、こういうエクササイズのときのメイクはどうすべきものなのか。
今日は気持ちよくスッピンピンで行きました。
さりげなく他の方のメイク具合をチェックしたところ、インストラクターさんをはじめ数人の方はちゃんとメイクしてはるんですよね。
とことんウォータープルーフものでメイクしてるんでしょうか。
私すんごい汗かきで、今日もタオル一本じゃ足りなかったかもと思うくらい滝汗をかいたので、メイクは難しい気がします。。。
眉毛とアイライン上下にアートメイクを施しているので、ノーメイクでも一応人間の顔にはなってると思うのですが(笑)、常にノーメイクで行きすっぴん顔を覚えられると、もしメイク顔で会ったときに気づいてもらえなかったりしそうで、ちょっと悩んでます。


スポンサーサイト

雑誌とのお付き合い

毎月下旬になると発売になるコスメ雑誌、VoCE・MAQUIA・美的。
なるべく2冊にしぼる努力はしています。
でも後日もう1冊も買ってしまい、結局毎月三冊そろうことが多い。
まとめて買うと心が痛むのに分けて買えばわりと気にならない、って、買い物でもたまにありませんか。
コスメでいうとグロスや口紅など4000円以内で買えるもの。
ぜったい全部買うって思いつつとりあえず半分買う、とか。。。

雑誌に話をもどして、今月はひとまずVoCEと美的にしぼりました。

VoCE (ヴォーチェ) 2008年 03月号 [雑誌]VoCE (ヴォーチェ) 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/01/23)
不明

商品詳細を見る


BITEKI (美的) 2008年 03月号 [雑誌]BITEKI (美的) 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/01/23)
不明

商品詳細を見る


VoCEは付録のYSLクリアファイルが欲しかったのと(笑)、あとは昔から読んでるクセのようなもので、2冊にしぼるときにVoCEをはずすことは少ない。
美的は大高先生のマストバイのコーナーが一番の目的。
最近付録が豪華なのはうれしいんだけど、立ち読みができなくて困るのは私だけ??
以前はマストバイのページをまずぱらっと見てから、残りのページを見て買うか考えてたものでした。
とはいえMAQUIAの内容も気になったし(MAQUIAサロンが大阪にないのはポイント低し。あったら絶対毎月買うのにー)結局今月も三冊そろうでしょう。

こうして雑誌がもりもりたまっていくのであります。
半年に一度、たまった雑誌を(ダンナくんが)処分するのですが、毎回その量に我ながらあきれてしまいます。
雑誌ほど処分が大変なものはない。。。
VERYとか分厚いものはなるべく買わないようにしてます。
てかさー皆さん月にどれくらい雑誌を買ってはります?
私はなるべく月5冊におさえたいと思ってます。

そういや知人のお宅で雑誌を見てたら付箋がはってあって。
何のページなん?って見せてもらったら、ファッション雑誌だったのに付箋のページはほとんど料理の記事でした。
あ、彼女料理教室の先生なんです。
分かる分かる!と思いました。
きっと料理雑誌にはない目線からの記事があるんでしょうね。

コスメ・美容雑誌もいいんですが、ファッション雑誌のメイク記事って楽しいですよね!
変にマニアックなことがなく(マニアックなのももちろん大好きですが)、すぐにマネできるようなテクだったり、アイテムが少なくて仕上がるメイクだったりしてすごくためになります。
OVER35のキャリアウーマン向け雑誌とか、ファッションは目の保養にはなってもぜんっぜん参考にならんのですが(ピンヒールやらクラッチバックやらパーティードレスやら育児中は無縁だす)、アンチエイジング!なコスメ情報はすごく参考になります♪

こうして月5冊はすべてコスメ目的だったりします。
ちょっとはザ・主婦雑誌!を読んで節約に励んだほうがよいのでしょうか。
ま、読んだところで実践するとはとうてい思えないのでそこは節約しときます(笑)。


冬の美白

めずらしくダンナくんがいない夜は、お風呂にゆっくりつかってマスク♪
別にいててもできるんやけど、いないと思うとなんだかルンルンするのです。
根っからのおひとりさま好き。
※夫婦仲はわりといいと思うのですが。念のため。

今日使ったマスクはこちら。

プレディア ディープタラソマスク


プレディア スパエメール ディープタラソマスク 8,400円

これは二年以上のお付き合い。ここでも何度か書いたことがあるかな。
ぷるぷるの感触と癒される香りが大好き!
シートマスクに比べるとちょっと面倒だけど、お手入れしてるなーって実感できるのも続けられる理由。
肌にのせて10~15分ゆっくり浴槽につかって洗い流すと、うるおって透明感が出ます。

私としては美白が一番の目的。
夏はもちろん、冬にもじゃんじゃん使います。
夏ってさー、お手入れを頑張ってひいき目に見て白くなったとしても、次の日即焼けるのが悲しくて。。。
あかんねんけど、美白モチベーションが夏は下がりやすいのです。
それに比べて冬は、夏より効果が実感できるので美白を頑張ろうと思える!
冬は美白貯金がしやすい、と言っちゃうと何ともセコいんですが(笑)、私のように日焼けしやすい方は、冬に美白に励むのがおすすめです。



コスメTODOリスト

今日のおネエ★MANSを見て、つけまつげが激しく気になっております。
大高先生も著書の中で「マスカラの威力がここまで分かってるんだったら、なぜつけまつげに進むことを考えないのかしら?」とつけまつげを使わない女子たちを叱責?してはりました。
私も今まで一度もつけまつげに手を出したことはありません。
世の女性たちのつけまつげ浸透率ってどんな感じなんだろー。
ともかく、今年のTODOリストにつけまつげが加わりました♪

そんなアイメイク好きなものですから、メイクする時間が限られるときはアイメイクになるべく時間をかけ、リップメイクはちゃちゃっと済ませてしまいます。
リキッドルージュ系のものでそれなりの発色とつやを出しておけばとりあえずOKかなと。
恥ずかしながらメイクにそんなに時間をかけれないことのほうが多いので、最近買うリップアイテムの大半はリキッドリュージュや発色のいいグロスばかり。
メイク時に口紅を手に取ることも買うことも、出産前よりぐっと少なくなってしまいました。

が、最近気に入っているのが口紅!
これなんです。

YSL ル-ジュピュール シャインザナチュラル24


イヴサンローラン ルージュピュール シャイン ザ ナチュラル24 3,780円

棒ものコスメの次に、いや同じくらい、写真撮りにくい・・・。センス無し。

これが発売されたころ「美的」の大高先生のベストバイでとりあげられてて、そのときもすごく欲しかったんですが買いそびれてました。
その後ベストコスメ特集で大高先生と黒田啓蔵氏がそろってこれを挙げてはって購入欲再燃。
雑誌購入当時、所用で沖縄にいたダンナくんに「DFS買い物追加」とメールして無事購入できました。
たしか四色のシリーズでしたがお二人そろってすすめてはった24番で迷わず決定。単純。

色味はヌーディーなピンクベーシュ。
肌になじむ色で唇をきれいに見せてくれるのが素晴らしい!
ヌーディーな口紅っていうと私の手持ちではボビイのものが多くて、濃い目のアイメイクにあわせてモードな雰囲気にしたくなる色がほとんどなんですね。
この口紅はヌーディーだけどちょっとかわいらしさが漂って、かつセクシーな雰囲気も・・・と、いろんな要素が混じってるのが使いやすいです。

ファンデやコンシーラーで唇まわりをちゃんと修正して、これを丁寧に唇にのせた後リップペンシルでふちを軽くなぞって、クレドポーボーテのキラキラがまぶしいグロス(グロスディアマン112)↓
CPB グロスディアマン112

をのせ、「ギャー今日も(リップだけは)かわいい!!」とはしゃぐのが最近の日課(笑)。

サンローランといえば、おネエ★MANSでIKKO愛用!と紹介されていたブースティングローションも気になりました。
TODOリストにメモメモ♪
IKKO効果ってすごいですよね。
明日から世につけまつげ女子が急に増えたりするのでしょうか。
みんなビギナーでつけ慣れてなくて、夕方にはぷらーんと取れかけてる人があちこちにいたりして。笑


今日のネイル

寒い中気合でネイルサロンへ行く。

今日のネイル 08/1/21


むふふー。シンプルなフレンチ大好き♪

いつもネイルサロンへ行く前は、あんなネイルがいいとかこんなアートにしようとか、激しく妄想するもの。
でも実際やってもらうと予定とはまったく違うネイルになることもある。てかそんなことのほうが多い。
今日は「シンプルなフレンチ、でもちょっとひねるのある感じ」がいいな~と妄想しておったのだが、めずらしく妄想どおりの爪に♪
ネイルでは難しい(普段も苦手な)初志貫徹ってのも気持ちがいいもんだ~。

江原道お試しレポ

先日私のコスメ好きをよく知る友人に「marineちゃん顔がふたつあったらよかったのにねー。そしたら化粧品いろいろ試せるやん?笑」と冗談で言われましたが、いたって真面目に『そしたら化粧品も今の二倍買ってしまうやろうし、ますますエラいことになる。』と答えました。
え?という顔をされましたがけっこう本気でそう思います。
顔はひとつですが、1年は365日もありますから。

とはいえスキンケアものは、毎日コロコロ替えて使うのはあまり好きではありません。
数年同じものを使い続けたりはめったにしませんが(日記見りゃ分かるってね・・・)基本となる2~3種類のラインを使い続けて、飽きたり季節が変わったりしたらそのうちひとつを替える、って感じでしょうか。
メイクものに比べたら同じものをリピートするので、スキンケアラインがセットになったお試しものなどもめったに注文しません。
1週間やそこら使ったくらいでその商品が自分にあってるどうか分からないような気もしますし。
肌に合わなかったらすぐ分かるという利点は認めます。
めっちゃ気になる商品だったらお試しから入るのが賢いと思いますが、お試しを使ったくらじゃその商品のことはあまり分からないのでは、というのが私の持論です。

そんな頑固頭の私ですが、メイクものはホイホイ乗り換えますしお試しもすごく興味があります。
ずっと気になってたけどパッケージや名前があまり好みじゃなくて手が伸びなかったこれも、最近お試しを使ってみました。

江原道 ハイビジョンメイクお試しセット 1,570円

江原道 お試しセット外見


缶ペンみたいなケースに入っていました。このケースはけっこういいな。

江原道 お試しセット中身


中身もぎっしり。

実は去年は例年に比べて、ファンデーションをあまり購入しなかった年でありました。
ファンデを塗る回数が、子供を産んでからというものぐっと減ったんですね。
時間的な理由もありますが、ファンデで作りこんだ肌が赤ちゃんとの毎日ではなんだかしっくりこなくて。
かといって自然な仕上がり、つまりカバー力は期待できないファンデを塗るなら、いっそファンデなしでいいんじゃなかろうかと。
ティント乳液を愛用してました。

が、最近になってもう少しちゃんとした肌が欲しいな~と思ってきました。
でもノーファンデの心地よさに慣れてしまうと、毎日ファンデを塗ることにちょっと抵抗があるんですよね。
そこで目をつけたのが江原道。
「使い続けるほどに肌が健やかになる」との強気なうたい文句が気になって、私にしてはめずらしくお試しセットを注文しました。
ファンデを事前に試せるって、いいですよね。もっと普及してほしいなー。

使いはじめてたった数日ですが、ものすごく気に入っています!
モイスチャーファンデーション(写真左下のチューブ三本)がとてもいい!!
肌がきれいな人に見えるんです。
ファンデなんやし当たり前やーん、と思われるかもしれませんが、塗らないほうが肌がキレイに見えるようなファンデも世の中にはたくさん存在します・・・。
見事なカバー力とそこそこの自然さを両立させてるのが気に入りました。
あと時間がたってからの肌がとてもいいんです。
汗や皮脂と混じってほどよいツヤが出る感じ。持ちもバッチリ。
化粧直しをしない派としてはポイント高いです。
使い続けるほど肌が健やか、かどうかはもちろん現時点では分かりませんが、肌への負担は他のファンデに比べて少ないようには思います。

色が三色しかないのも江原道の特徴。(淡いアイボリー・ナチュラル・オークルの三色)
三色を自分の肌にあった色にブレンドして使うんです。
私のように夏と冬で肌の色がかなり違う=日焼けしやすい人にとってはいいんじゃないでしょうか。
濃い目の色でシェーディングしたりとか、顔の中で色を使いわけれるのもいいですね。
今までもすごく気に入ったファンデは、二色買って使い分けていました。

難点は、いちいち混ぜるのが面倒ってことですかね。
あと今私が悩んでることなんですが、三色のうちまず二色を購入すればいいと思うんですが、どの二色を買おうか迷ってしまうのもちょっと難点かな。
まぁ三色全部買えば問題ないんですが。苦笑
多分三色とも買います・・・。
いや、それくらい良いんですよ!

数日使ったくらいでそんなに語るなよ、とつっこまれそうですね。
でもそれくらいインパクトが強いファンデーションでした。
もっと早く使っていれば・・・と思わされる化粧品に出会うと、胸がドキドキします♪
いい男を見るより女性ホルモンが噴出するんちゃうかな、私の場合(笑)。

以上、私にしてはめずらしく、お試しレポでございました。

頬から春

春の新色が続々と発売になっているようですね。
私は完全に出遅れております。
これだけ寒いと娘を連れてデパートへ行くのにも一泊旅行くらいの荷物になってしまうのですよ。。。
なかなか行こうという気になれません。

先月一足早く出ていた春の新色たちでしばらくはしのぎます。
つってもまだ冬やんね?めっちゃ寒いっちゅーねん。

先月買った春もので気に入ってるのがこれ。

オーブ パフィーバウンスチーク81


オーブ パフィーバウンスチーク81(ピンク) 2,940円(税込)の三割引で購入

いやー梨花のメイクを見てたらほんと胸がときめきます!オシャレでかわいくて大人っぽい。
ここだけの話、上○彩だったころはオーブにあまり興味がありませんでした。
メイクで顔や雰囲気が変わらないんだもん、彼女。

オーブのいいところは、細かいことを考えずにザっとメイクしてもメイク上手っぽい仕上がりになること。
このチークもパフパフっとほっぺにのせるだけで、頬がほんのりピンク色になってすごくかわいい!(あくまで当社比)
ぼかさなきゃとか色がつきすぎないかとか考えずに、頬の一番高いところにパフっとのせるだけなので簡単、手間も全然とりません。
私はこれだけでは発色が物足りないので、練りチーク+これってことが多いかな。
発色が強いチークは苦手な人やチークが始めてって人におすすめ。
ラメが思った以上に存在感があるので、メイク下地にラメ感の強いものを使ってはる人には今ひとつかも。ラメ対ラメで頬が大変なことになりそう(笑)。

私が苦手とするオレンジも近々買い足したいなぁと思ってます。
ピンクを買うときにオレンジも欲しかったんだけど、売り切れてたんですよ。
世の中オレンジチーク派が多いんだなぁと妙に感心したのを覚えています。「みんな、やるな!」と。
オレンジのチークをはじめ、今年は苦手な色やアイテムももう少し使っていきたいと思っています。
「苦手だも~ん」と特定のメイクアイテムを避けるのって、立派なおばはん化だと思うんですよね。
化粧がバブったまんまの四十路のお姉さまとかもそれに近いような気がします。
明日はわが身で気を引きしめるべし!!オス!
(自分の場合おっさん化しないようにも気をつけなければ・・・)






エリコネイルなだけあります

毎日寒い!寒さには強い私でも寒い!
さすがにコートをひっぱりだして着てます。
え?今までは、って?
コートは基本着ません。肩こるから。
あと車に乗るときにいちいち脱ぐのが面倒で。
そんなことですら面倒なのか!?としかられそうですが、面倒なものは仕方がない。

そんな面倒くさがりな私でも比較的(他人さんと比べて、ではなく自分の中では)こまめに頑張れるのが、ハンドケア。
パーツケアって顔のお手入れに比べて結果が出やすいので頑張れます♪

ハンドケアに欠かせないのがハンドグローブ。
横文字にすると素敵ですが(そうか?)まぁ手袋ですわ。
ちょっとした掃除や家事(主に洗濯ものたたみ)のときに使ったり、ゴム手袋の下にはめたり(直接ゴム手袋をはめると手がゴム臭くなってキライ)、就寝前にたっぷりハンドクリームを塗った後しばらく手袋をして浸透をうながしたりと、一日に何度も使います。
今までは百均で購入したものを愛用してたのですが、今年はエリコネイルのものを買ってみました。

エリコネイル ハンドケアグローブ


エリコネイル ハンドケアグローブ(グリーン)840円(税込)

これひとつで今まで買っていたものが8組も買えるのですから、購入するときは迷いました。基本ケチです(笑)。
でもネイルのプロが作ってるんだったら値段相応の価値があるのかなーと思って。

んで使った感想。
すごくいい!
早くこれを使っておけばよかったぁ~と思いましたね。

まず、爪が長くても使えるのがいい!さすがネイリストが作らはったものなだけあります。
百均のものは二年も使ったら指先に穴が開いてしまうんですよ。
(百円なんだから二年も持てばいいんじゃ・・・などの突っ込みはご遠慮ください~)
かといって爪が短いときに使うと指先が余って使いにくいなんてこともありません。
程よいストレッチ生地なんです。
さすが、値段が八倍なだけあります。
あと私は足だけでなく手もデカいほうで、レディースの手袋は指の股のところが浮いて気持ち悪かったりするんですがそんなこともありません。
手が小さい人にはどうかは分かりませんが、ニットの手袋の先っぽや股のところをやぶいたことのあるような(実話です・・・)デカ手の方にはとてもおすすめ。

ストレッチ生地で手からずり落ちにくいので、ゴム手袋の下にはめるのにもちょうどいいです。
掃除中、ゴム手袋の下にはめた布の手袋が動きまくり集中力が途切れることもあるんですが(掃除はスポーツ☆)、これはノンストレスで掃除にいそしめます。
長さもあって手首より深いところまであるのもポイント高し。
一度この手袋を使うと百均には戻れませんっ。

あとは一冬ぶっ通しで使って生地がどれだけ傷まないか、ですね。
一日何度も使うものなのでこまめに洗濯しますので。
百円なら少々のことは目をつぶりますがそれなりの値段ですので、シビアに経過を観察したいと思います。
値段が安くないものにはやたらと厳しいですね、我ながら(苦笑)。


アイメイクで人相が変わる!

今日も再び「プラダを着た悪魔」を見てしまいました。(今日は軽いネタバレあります)
テレビつけたらやってたので、つい。
二度目はファンションのさらに細かいとこを見れてまた楽しかったです。
服や靴と同じかそれ以上に、メイクにもその人の心情や状況が現れてたのが興味深かった!
たとえば、ミランダ(メリル・ストリープ)の仕事中の戦闘モードメイクと、離婚する・・・って時のどんより顔(てかすっぴん)はもろ別人!
日々丁寧にメイクをせねば、と思いましたね。
メイク次第でハッピーな顔にももっさり顔にもなれるのですから。

メイクで一番顔が変わるのは、やっぱりアイメイクだと私は思います。
「プラダ・・・」でも、アンディ(アン・ハサウェイ)がファッション業界に見切りをつけた後、アイメイクががらりと変わったのが目につきました。
キリリとしたアイメイクだったのがソフトになって、それがより彼女の魅力を引き出してたのが印象的で。
私の場合、ファンデを塗り忘れてもたぶん何とかなるし、チークを忘れても一瞬家に帰りたくはなりつつまぁ何とか切り抜けれるけど、アイメイクをし忘れると知人に挨拶しても気づいてもらえません(実話です・・・)。
目や顔はどちらかというと濃くて、天童よしみみたいにアイメイクに命かけてることもなく(あの人やギャル曽根の場合、やりすぎててかえって目の小ささに目がいっちゃいます)、むしろやりすぎに気をつけてるんですけどねー。
それだけアイメイクで目の印象=顔が変わるんだなぁと思います。

棒ものコスメは写真がショボいのでなるべくアップしないようにしてますが(笑)今日は勇気を出して書いてみます!
めったに書かないので二本まとめてご紹介。

アイラインお気に入り


ぶはー。お箸とちゃいますよ。アイライナーです。ほんとにすみません。

上:テスティモ ワンタッチクリアライナー ブラウン 2,940円(レフィルとホルダーの合計。税込)
下:ルナソル ペンシルアイライナー02ブラウン 3,675円(税込)
カネボウのまわしものですかね。

上まぶたのアイラインはフルメイクの場合黒田啓蔵式で三本ひきます。
目玉に近い順に、まつげの内側の粘膜、まつげとまつげの間、まつげの際ギリギリ、の三本。

ルナソルのペンシルアイライナーは、まつげ際にアイラインをひくときに使っています。
パール入りのジェルアイライナーなどに比べると地味な存在なんですが、数あるアイライナーのなかで使用頻度は高いかも。
ナチュラルなラインが手軽にひけて便利なんです。
三本のアイラインを毎日ひくわけではなくて(毎日は面倒すぎて無理~)まつげ際のラインは普段けっこう省いてるのですが、ちょっと強さが足りないな、でも太いアイラインやラメ入りとかでラインの存在感が強いとトゥーマッチだな、というときにこのルナソルを投入。
ほんのり自然に、目元がちょっぴり強くなります。
赤みのある茶色なので色は好き嫌いがあるかな。
柔らかくて書きやすいのでアイラインをひくのが苦手な方も使いやすいと思います。

テスティモは筆ペンタイプのリクイドアイライナー。
筆ペンタイプのアイライナーを探してはる方にはこれ、めっちゃおすすめ!!
今までで唯一リピート買いしたアイライナー。
書きやすくて落ちにくいんです♪
他にも筆ペンタイプのものもいくつか使ってみましたがこれに勝るものはなし。
なのにこの安さ!
ドラッグストアで三割引で買えば約2,000円ですよ!!
車と化粧品はドメスティックブランドが優秀だ、やっぱり。(と言いつつ外国製についフラフラと)

私はこれをまつげとまつげの間を埋めるのに愛用しています。
三本のアイラインで絶対省かないのが、三本の真ん中にひくこのまつげの隙間埋めライン。
なのでこのアイライナーは帰省にも旅行にも化粧直しにも持ち歩きます。

どちらのアイライナーもブラウンなのにお気づきでしょうか。
ブラックのアイライナーはめったに使わないんです。
ブラックのアイラインは強すぎて、私の場合目がこわくなります。
アイメイクを濃くしすぎると、目力は強くなりますが目の表情はなくなってしまうので要注意です。
分かりやすい例がコギャルメイクというのか、ギャル曽根みたいなメイク。
表情が分かりにくいし、個性がないのでみんな顔が一緒に見えません?オバ化現象の一種か(笑)?
インパクトは弱くても表情豊かで生き生きした顔のほうがずっと魅力的だと私は思うんですけどね。
ほどほどに目力を出しつつ目の表情は奪わないアイライナー二品、お勧めです♪

香港では店に入るとまず足元を見られました

今年一発目の映画鑑賞はこれでした。

プラダを着た悪魔 (特別編)プラダを着た悪魔 (特別編)
(2007/04/18)
メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ 他

商品詳細を見る


「プラダを着た悪魔」
映像も楽しめてストーリーも見やすい軽さででもそれなりに考えることもあって、楽しかったです。

思ったこと。
靴ってファッションにおいてかなり重要なんですね、やっぱ。
人生、とまではいかなくても価値観の象徴くらいにはなってました。
以前ハリウッドスターのトーク番組で、司会者の「役作りのためにすることは?」という質問に、有名俳優が(誰だったっけ、、、ジョン・トラボルタあたりだったような)「まず靴から入ることもあるかな。歩き方や立ち姿が役になりきれるから」てなことを言ってたのが印象的でした。
司会者が「同じことをもっと有名な俳優(これまた誰だったか失念・・・アル・パチーノあたりだったか)に聞いたら同じ答えだった。」とも言ってました。

すごく納得。
今の私はまさに、子育てまっさい中!という靴を履いてます。
それが悪いこととは思いません。
ただ、子育てがひと段落したり子供抜きで外出するときには子育て靴をはかないよう、気をつけなきゃですね。

今年はもっと靴について真面目に取り組みたいなぁ。
子連れでもちょっぴり素敵な靴をはきたい!
そういえば去年の大晦日前日、靴フェチの親友N(勝手にフェチ呼ばわりしてめんご)と福岡を歩いてたら、頭の中で夢想してたとおりのエナメルのブーツ(セールだった♪)と出会えたのがこの冬一番のヒット。
靴って本当に出会えるかどうかですよねー。25cmのデカ足だと身にしみます。
靴だけじゃない、買い物は出会い♪だ!!(んね?>N)

今年はいい靴と縁がありますように。


セクシー目元

こないだ書いたクレドポーボーテのアイシャドウ、色違いもいいんです。

クレドポーボーテ オンブルクルール114


クレドポー ボーテ オンブルクルール114 6,300円(税込)

万人受けするのは先日アップしたブラウン系の113と思われますが、40代以上の方にはこっちの114を個人的にはお勧めしたい!
見たとおりクールでモードな雰囲気になるのはもちろん、そこにセクシーさが加わり、大人の色香が香り立つような目元になれます。
生地のいいお高いスーツ着て5~7cmヒールのええ靴履いて上品な大きめバックを持って仕事をバリバリしてはる、そんな女性がこれつけたらもー最高にカッコイイ!!(軽い妄想族です)
さすが、クレドポー。
クレドポーは大人向けのブランドやというのを思い知らされる一品です。
このアイシャドウは30歳以下は使うの禁止!
・・・って自分もギリギリ使われへんっちゅーねん。

あと個人的に気に入ってるマニアックな使い方が、メガネをかけたときにこのアイシャドウで目元をセクシーにしちゃうこと。
メガネをかけると目がどうしても小さくなってインパクトがなくなるので、メガネの時はいつもよりアイメイクを二割増しのイメージで、濃いめに仕上げます。
メガネの下に濃いだけでなくセクシーな目元が隠れてたらちょっと、いいと思いません?
こんなこと書くとつくづく思うのですが、メイクって軽いジイですよね(笑)。
でもいいんです、メイクをほどこすのは誰のためでもなく自分のためですから。
メガネ女子よ、目元はセクシーに攻めようではないか!!


リップクリームの怪

冬になるとすんごく気になるのが、唇の荒れ。
特に私は荒れやすく、ちょっと気を抜くとガサガサ、ひどくなると皮がベロベロにむけてしまいます。
なのでリップクリームは常に持ち歩き、気がついたらすかさず塗るように心がけてました。

去年までは。

アラ、最近調子がいいのね♪とかではなく、去年の秋にあることに気づいたのであります。
リップクリームを塗れば塗るほど乾燥するんじゃないか、と。
名づけて「リップクリームの怪」。なは。
以前からうすうす思っていたんですがこの秋冬で勝手に確信いたしました。

リップクリームを塗ってすぐはいいんです、表面がネチョっとして潤してくれるので。
その後、表面のネチョ感がなくなると、塗る前よりさらに乾く感じがするんですねぇ。
リップクリームのねっとりした油分が、唇にあるかすーかな水分を一緒に持ち去ってしまってるように感じたんです。
科学的根拠やデータがあるわけでもなく、単に私の思い込みなんですけれど。
でも同じく唇が荒れやすい妹にこの話をしたら「・・・分かる。そうかも。」と同意してくれました。

この冬から、むやみやたらとリップクリームを塗るのをやめました。
とはいえリップクリーム無しではさすがに唇が荒れ放題になるし、ガサガサの唇ではリップメイクも楽しめないので、最低限は塗ってます。でも最低限だけ。
調子によっても違いますが、朝のメイク時・昼ごはんの後・そして寝る前、と一日にだいたい3回くらいだけ塗ってます。
以前は朝起きて外出するまででもう4~5回はぬりぬりしてましたから、私にとっては劇的に減らしたわけです。

するとアラ不思議、このほうが唇の調子がいい!
同じように妹も塗る回数を減らしてみたら、そのほうが調子がよかったそうです。
唇が荒れて仕方ないというそこのあなた。
リップクリームを食べる勢いで塗りまくってるのなら、勇気を出して一度塗る回数を最低限にまでおさえてみたらどうでしょうか。
それで何も起こらなかったりよけひどくなっても責任は持てませんが。。。

これだけ唇に頭を悩ましてきましたから、さまざまなリップクリームも試してきました。
乾燥を防ぐためにはリップクリームを塗りまくるべし!と思ってたころは、リップクリームに求めるものもずばり「ねっとり感」でした。
そのほうがなんか安心できたんですねー。
ネットリする=保湿!と思ってましたから。
でもよく考えたらイコールであるようなないような、と今になっては思います。

最低限にしか塗らないようにしてから、従来のねっとりクリームではネットリ感がなくなった後の乾燥がどうしても気になったので、逆にスっと唇になじんで表面には残らない、美容液のようなものを当初使っていました。
それも悪くなかったんですが、リップメイクの下地としてはちょっと役不足でした。
もっといいものがある気がして再び旅へ(心の中では旅人)。

現在はこれが一番気に入ってます!

クリニーク リペアウェアインテンシブ リップトリートメント


クリニーク リペアウェア インテンシブ リップトリートメント  4,200円(税込)

どちらかというと表面に膜をはるようなタイプなんですが、ネットリねばっこい膜ではないんです。
リップメイクの下地にもなるようなほどよい膜感と、スっとなじんでうるおう感じのバランスがいい。
アンチエイジングのラインなだけあって、唇にハリも出してくれる気がします。
ちょっとお高いなぁとは思いますが、一日三回の使用ならそれなりに持つのでまぁよし。
一時間に一回は必ず塗ってた以前だと二週間くらいで使い切りそう・・・。
こういうくり出しタイプってなくなるのが早いのは気のせいでしょうか。
あ、でもくり出し式のほうがだんぜん好きです!
ジャーのタイプだといちいち手が汚れるし、ツメの間にクリームがうにゅっと入るのでロングネイル泣かせなんですよね。

ここだけの話、ジャータイプのクリームを使うとき、急いでたら爪の表面(マニキュアとか塗ってるほうね)をスパチュラがわりにしてネチョっとクリームをとったりします。
爪が長い人はわりとやってはるんじゃないかなぁと思うんですが。。。
激深爪のダンナくんにそれを目撃されて「長い爪は便利やなぁ」と言われました。
あと耳掻きが見つからなくて「小指で耳かいて~」って言われたこともあります(笑)。
美容ブログとは思えないオチで失礼。

今日のネイル・ネイルオイル

ふとした瞬間に思うんです。
予定通りだったら今頃ハワイにいたのになぁぁぁぁ(遠い目)。

こんなときは爪をかわゆくするに限ります!
今年一発目のネイルはこんな感じ。

今日のネイル 08/01/05


爪にまでハワイへの断ち切れない思いがにじみ出てる気も・・・。
一度やってみたかった全指色違いのグラデフレンチ♪
今回はスカルプで長さをだそうと思ったのですが時間的理由によりソフトジェルで短めになりました。

正月にガンガン水仕事をしたので手がボロボロ(泣)。写真で見るとよく分かります。
今月はハンドケアを頑張るぞ~。

ハンドクリーム以上にハンドケアに欠かせないのがネイルオイル。
2008年になってから我が家にやってきた、新入りほやほやのネイルオイルをご紹介。

ネイルオイル2008


右はお世話になっているネイリストさんにいただいたもの。
ビンの中でフワフワと舞う花に思わずニヤついてしまいます。
サイズが小さめで持ち歩きやすいのもナイス!

左はエリコネイルのもの。945円とお値段もかわいい♪
ラズベリーの香りがけっこう強く、使うたびにホワーンと香りも楽しめます。
しっとりタイプとさらさらタイプの二種類あって、私はしっとりを選びました。
手持ちの他のオイルと比べてもかなりの保湿力。
乾燥が気になる冬はこのくらいうるおしてくれると助かります!
夏はさらさらを使ってみようっと。

主婦になってからというもの手の荒れっぷりが半端ではありません。
水は確実に手を年とらせます。。。
ハンドクリーム・ネイルオイル・ゴム手袋の三種の神器は必須です!



パール・ラメは味方か敵か

皆さまあけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日久々に買い物に行ったらすごい人。
もう良いものは残ってない感じで残念でした。。。
一月二日は我が家が一年で一番忙しい日なので(お客さんが五十人近く来るのです)、初売りとか福袋とか私は一生関係ないと思います、リコーンしない限りは(笑)。
ちなみに今年の初買いはやっぱりコスメ。
一月二日の多忙な日、宴会が終わって自分へのご褒美にポチっと。
今年はどんなコスメに出会えるか楽しみです。

今年一発目のネタは、年末がお高いものだったので反対にプチプラコスメでいってみます。
最近のお気に入りチーク。

美肌一族 一目惚れチーク ベージュ・ピンク


美肌一族 一目惚れチーク 右:ピンク 左:ベージュ 各1,260円

インパクトのあるネーミングとパッケージでおなじみの美肌一族シリーズのチークです。
どちらもよく使うのですが、ベージュ系のリップメイクが多いためベージュが使用頻度高し。

このチークの好きなところは、この単語はあまり使いたくないんですが、若々しい頬になること!
ピチピチっとしたつや感のあるほっぺになれます。
発色はいいほう。
箱の説明では「指先でつけることでより自然な仕上がりになります」と書いてあるのですが、指でつけるとボボっ!と強めに発色してしまうので、チークを入れた高さや形が左右でうっかり違ったりしてしまうと修正しにくい。
チークだけに限らずメイクって途中で修正するのが難しいし、修正するとロクなことがない!
ドキドキしますがそのまま突っ走ったほうがマシなことが多いです(笑)。
話を戻して、このチークを使うときはブラシ使いのほうが私は好き。
発色がいいので、ブラシにたっぷりつけるより、ササっととってひとはけのせる感じで使うと時間短縮になるしほどよいツヤが出ます。
これひとつでチークをキメてももちろんいいですし、急いでない時は練りチークでベースの頬を作ってから、このチークを頬の真ん中にサっと入れるのが最近のお気に入りです。

このチークもそうなんですが、最近のチークってパールやラメが入ってるものが多いですよね。
そんな光るチークは私も大好きなのですが、チークをガツンと入れたい派としては、ちょっと使いにくかったりもします。
パーリーなチークをどん!と頬に入れると、顔で一番目立つ頬がきらきらテカテカになり、おまけに化粧下地にもアイシャドウにもグロスにもパールが入ってたりして顔中がピッカピカ、結局毛穴の開きが目立ってしまったり顔だけ光っててメイクが一人歩きしてたり、と悲惨なことになります。
顔中テカテカになったover35っぽいおねえさまを皆さんもどこかで見かけたことがあるのでは。
良かれと思って使うパールもここまでくると蛇足に他ならない。
ちょっとお出かけ♪とはりきってメイクした日は、その気合ゆえ思わずラメ&パールアイテムを多用したくなるのですが、三十路以上の女子はぐっとこらえてアイテムを吟味したいものです。

んでメイクのどこでラメやパールを取り入れるか。
がつんとチーク派の女子は賛同してくれると思うのですが、チークにはパール感より発色のよさを私は求めたい!
キラキラチークも捨てがたい、けどチークはポっと発色してナンボ!
ここ数年はパール感なしの練りチークで生真面目なくらいマットに頬を染めております。
が、頬にピチピチした雰囲気が出るパール感も捨てがたい~。
そのため、練りチークでベースをつくり、頬の一番高いところにだけササっとパール入りのチークをのせる二段チークが最近の私の定番。

こうしてチマチマと細かいことを考えつつメイクするのが楽しいんです、ほんと。
二回もチークのせてどないすんねん、モデルやげーのーじんなわけでもないし、と最初は思われた方も、こうして詳細を知っていただければ、まぁ自己満足だろうけど仕方ない、と許してくださるのではと思います。
許してもらえなくても一人緻密にメイクを楽しみますけどね☆

こうしてしつっこい感じで今年もブログを書き続けていこうと思っています。
最後に今年の目標。
外見はもう少し若く、中身はもう少し大人に。
自我が芽生えまくってる娘を見てると、しつけをちゃんとするには母親がもっと大人にならねばと思います。
中身を磨けば外見向上にもつながるだろうし。
30を超えると考え方や生活が顔に出ますよねー。
顔は名刺。おおこわ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。