スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違いが自分でも分からない・・・

いやあ、もう秋ですね。
って汗かきながら言うのもなんだが(今日はムシムシした~)、汗かいても秋は秋。
秋になると口元に秋っぽさを取り入れたくなるのは私だけだろうか。

最近のエースリップアイテムがこれ。

ボビイブラウン リップピンクパフ・ライナーネイキッド
 
上:ボビイブラウン クリーミーリップカラー22 ピンクパフ
下:同 リップライナー26 ネイキッド

先日熱く語ったシマリングヌードパレットと一緒に購入。
#22ピンクバフはカタログで見るとけっこう濃い色だなと思ったけど、つけると肌になじむのがさすがボビイ。
シマリング~を使ってアイメイクすることが多いので自然と登場が多くなるってのもあるし、使い心地のよさもお気に入りの理由のひとつ。
とろけそうな、なめらかなテクスチャーでスルスルとのびがいい。
仕上がりもうるうるで、グロスいらず。

とはいえグロスも使っちゃう。
抱き合わせお買い上げしたグロス。

ボビイブラウン グリッタグロスオールモストベア

同 グリッターグロス オールモストベア

掲載をためらったくらいひどい写真・・・。
実際はもっときれいなヌーディーカラーどす。
基本はリップカラーの上から塗ってる。たまにグロス+ライナーだけで仕上げるのもまたよし。

ライナーといえば。
リップライナーって使い切ったことがなくわりと手元にあるのだが、素人にはどのリップカラーにどのライナーが合うのか、はっきり言って分からない。
基本リップカラーやリップものが入ったパレットと一緒に買うからセットで使えばいいのだが、どれとどれを一緒に買ったかを忘れてしまうと、テキトーに選んで使うしかない。

口紅やマニキュアを買うときにありがちなのが、同じような色ばかり買ってしまうこと。
自分の好みに合うものや似合う色を選んでいるとおのずと系統が一緒になってしまうのは仕方ないのだろうともうあきらめている。
このリップカラーを紹介されたときも、「ぜったいこんな口紅持ってる・・・」と思わず顔が曇った。
MAさんはそれを見逃さず「あ、こんな色お嫌いですか?」と少しあわててはったが、「いえ、大好きです(キッパリ)」と返すと不思議な顔をされた。
口紅の色が似通うのだから一緒に買うリップライナーはますます似たものになる。

似てるなーと思うライナー三色。いずれもボビイのもの。

ボビイブラウン リップライナー三色

一番下が今回紹介したネイキッド。あと二色はモーブ・ココア。
写真のまずさを差し引いても似ている。
近々それぞれどのリップアイテムと一緒に買ったのか、カウンターで確認してみよう。
ええ、すっかり失念しとります。

スポンサーサイト

小ネタ集

たまにこのブログを改めて読んでみると、しつこいというか、ひとつのことについて長々とまぁよくこれだけ書いてるものだなと、ちょっと自己嫌悪におちいるときがある・・・。
というわけで今日は小ネタ集いきます!

小ネタそのいち。
最近読んでる美容雑誌。

MAQUIA (マキア) 2008年 11月号 [雑誌]MAQUIA (マキア) 2008年 11月号 [雑誌]
(2008/09/22)
不明

商品詳細を見る


BITEKI (美的) 2008年 11月号 [雑誌]BITEKI (美的) 2008年 11月号 [雑誌]
(2008/09/22)
不明

商品詳細を見る


MAQUIA Royale (マキア・ロワイヤル) 2008年 10月号 [雑誌]MAQUIA Royale (マキア・ロワイヤル) 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/09/01)
不明

商品詳細を見る


この3冊は付録につられて。シュシュやボールペン、あと高級マスクがついてきた。
マスクは言わずもがな大好き!いつも即使わせてもらう。
シュシュも実用的でうれしい。ひとつも買ったことはないけど、シュシュが我が家で最近増殖している。

これもじっくり読めてよかった。

FRaU (フラウ) 2008年 10月号 [雑誌]FRaU (フラウ) 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/09/12)
不明

商品詳細を見る


フラウの美容特集は毎度おもしろい!
新製品満載なお決まり美容雑誌とは違い、何というか、自分の美容習慣が見直せたりする。


小ネタそのに。本つながりで。
お気に入りの美容本。

お家でおこもりエステお家でおこもりエステ
(2007/10/23)
金子エミ

商品詳細を見る


パーツモデルが書いた、家でできるボディ・パーツ・フェイスケアについての本。
これでもか、これでもか!といろんなケアが載っていて、読むだけで楽しい!
情報量が多くて、コストパフォーマンスがよろしい、なんて思うあたりがエセ関西人。
自宅で手軽にできるケアから、さすがプロだなぁ・・・と感心するような裏技まで、幅広くのってるのもナイス。
「紀香バディ」は、楽しいけどあまりに一般人にはハードルが高い(つか値段が高い)ものが多くて、参考にならへんかったことない?へんなベスト着てはったりよう分からんバカ高い照明器具?を紹介してたり。
この本はほどよく参考にもなり、目の保養というかプロらしさも楽しめるのがいい。
これを読んだらパーツケアに目覚めます。

小ネタそのさん。パーツケアがらみで。

就寝時ベットに持ち込む、三種の神器(大げさ)。

ベット美容

ハンドクリーム・手袋・保冷剤。

ハンドクリームは以前にも書いた、通販生活のひまわりハンドクリーム。
値段・使い心地・効果のどれをとってもベストなハンドクリームと思っている。
手だけでなくかかとクリームとしても愛用。もち肘・膝にも。
手袋はエリコネイルのもの。百均でも売っていることを思うと割高に感じるが(うろ覚えだが800~900円くらいだったかと。)、バツグンに使いやすく耐久性もいい。100円のものを何度も買いなおすくらいならこれを買ったほうがかしこいと思う。
保冷剤は、顔を冷やすためにベットに持ち込む。夏は特に毛穴の広がりが気になるから、毎晩できるだけ冷やしている。保冷剤までタカシマヤなのがバリバリの南海っ子。

お出かけ三種の神器。

お出かけ美容

ハンドクリーム・ネイルオイル・手袋。

ハンドクリームはヴェレダのもの。香りがとてもよく、使うとリフレッシュできて好き。
ネイルオイルはOPI。以前にも書いたが、出先でも使いやすくてお気に入り。現時点でのベストネイルオイルはこれかな。
手袋はこれまた通販生活のもの。以前にも紹介したような。
運転のしやすさ、着脱のしやすさなど、使いやすさを考えるとこれが今のところ一番。
最近涼しくなってきてちょいちょい付け忘れてたら、うっすら腕が日焼けしてきた・・・今さら。
あわてて毎日つけている。
つけすぎて先っぽこんなんなってますけどね。

手袋の先

3枚買ってぐるぐる使いまわしてひと夏でこの有様。
手袋には罪はない。今まで使った手袋の中では丈夫なほうだし、サイズもMとLがちゃんとあるから。
私のデカ手とロングネイルが悪いのだ。女ものの手袋をすると指の股が必ず浮く、男のような手。
私がネイルケアをさぼらないのは、このあたりにも理由がある。


というわけで小ネタ集、いかがでしたか。
私は書いてて楽しかった!何も考えずに書けた感じで。
気が向けばまたやってみまーす。


尻とサプリ

今日テレビで見た、杉本彩のおしりの美しさにびっくりした。お肌もきれいでボディラインも完璧。
あの年で(っていくつ?40代かな?)あの美尻は素晴らしい。
白昼堂々と彼女のおけつがテレビに露出してたのにも驚いた。
ま、あれだけ美しいお尻なら世間に披露したくもなろう。
きれいすぎてエロさが目減りしてたもん。男性から見たら十分エロいかもしれんが。
あの尻ならば、ボディケアなんかやったことのない20代のコムスメに圧勝できそうだ。

話は急に変わるが、先週末がだんじり祭りやって、それまで毎日バタバタしてた。
スキンケアもかなりテキトー、鏡すらももまともに見ないような数週間だった。
祭りが終わって久しぶりに自分をよーく観察してみたら、いやはや、ボロボロどした。
うっかり日焼けも敗因だが、手入れをおこたるとガクっとくるお年頃だとつくづく思った。
日々スキンケア・ボディケアに励みつつも「ちゃんと効いてるんやろか・・・」とふと疑問に思うこともあったのだが、こうして手抜きのツケを払うと、普段のケアがちゃんと効果があるってことが分かってそれはそれでよい。

そしてどこが一番ボロボロやったかって、ケツですよおケツ。
汚い言葉満載で誠に申し訳ないのだが(念のために申しておくが、当ブログは美容ブログではありません。あしからずー)、おできが久々に出現した。

んで、冒頭の杉本彩の美尻事件。立派な事件ですよ!
この数日鏡越しに自分の尻を見てはため息をついてた私は、彼女の尻をじっくり観察せずにはいられなかった。
そして勝手に出した結論。
尻ケア、もとい、ボディケアは、外からだけじゃなく内側からも攻めるべし。
あの尻から推して考えると、大人の女にはインナーケアも必要だ。
外からのケアだけではあそこまでプリンとならへんよね。
つかまんまとそういうのプロデュースしてはるし。
彼女プロデュースのアンデスティノサプリやサビンナが急に気になってしまうではないか。

頭が固い私は、今までサプリの類をあまり信用していなかった。
ほんまに効くの!?ってのと、あと体への影響はどうなん?ってのとで。
健康のためには摂取してるけど、美容系サプリは一切飲んだことがなかった。

んが。
この夏、美容サプリに手を出した。
夏の暑さと祭りの忙しさのダブルパンチで、毎年9月中旬、まさに今の時期になると悲惨な状態になるので、それを回避すべく一度試してみようと思って。

頭は固いくせにノリは軽い私、いろいろ調べました!とかではなく、一番気になったものをひとまず購入。
美容ブログでよく見るこれ。

ホワイテックス

ホワイテックス。

6月半ばから飲み始めて、今3箱目かな。
うん、効いてるとおもう。

一番感じたのは美白効果。
これはホワイテックスだけじゃなくアンプルールのおかげもあるのかもしれないけど、今年の夏は今までで一番焼けなかった。
焼けなかったことはないな。毎日娘と散歩したりで日差しを浴びる時間もわりと多かったし。
焼けても比較的残らなかったんやと思う。
それを実感したのが、春に買ったファンデを9月頭に久しぶりに使って何の問題もなかったとき。
いつもは春ファンデを9月に使うと、能面ばりに真っ白になって浮くのに、ちゃんと使えて驚いた。

顔はひとつしかないのに何でファンデをいくつも買っちゃうのかというと、めっちゃ日焼けしやすいたちで、春先と秋口という同じしっとり加減のファンデを使えるふたつの季節において、肌の色がぜんっぜん違うから、というのも理由のひとつ。
気にいったファンデだと、使い切れない前提で明るい色・暗い色の二色を買って、肌色の調節をしていた。
それくらい、涼しくなって春ものファンデに戻ろうとしても日焼けして色があわなかったのに、今年の秋はすんなり春ものが使えたのは、自分の中ではレボリューション。
アンプルールとホワイテックス、どちらも効いてると思う。

あとはしっとり感。特にボディ。
肌を露出する夏は本来ボディケアに力を入れるべきなのだろうが、暑くてついさぼってしまう。
汗でヌルヌルしてるところに乳液とか塗る気になれん。
んでそのツケがたまって、9月になると一番乗りにスネが粉をふくってのが毎年恒例の悩みだった。
でも今年は大丈夫。こちらもプチ革命。

内側からケアすると全身効くといううまみを味わってしまったので、ホワイテックスはやめられない気がする。すでに切らすのが怖くてストック待機中。
あ、お値段はというと、いつもセールで買ってて、それで月に7000~8000円くらいの計算になる。
お安くはない。でもやめらんない。

そんなサプリに開眼したところで杉本彩美尻事件。
今後サプリ代がかさみそうな予感大、だな。
てかサプリって高くつく。化粧品といい勝負する。
インナーケアやサプリに手を出すのは、20代より美容にカネをかけがちなアラサー以上だからか。とほほ。




今日のネイル・祭り編

ふたたびネイル記事。
祭り前に駆け込みでネイルサロンへ。

今日のネイル 08/9/12

はしゃぐ気持ちを抑えられないのがよく分かる、オレンジ系のネイルで。

しばらくスカルプでロングネイルを満喫していたが、最近またもやソフトジェルにもどりつつある。
めっちゃ持つし丈夫だし、子育て主婦にぴったりなんよねー。
スカルプは誰にでもおすすめできるものじゃないけど、ソフトジェルは実用的だから、特別な日のためじゃなく日常のためにネイルサロンへ行きたいって人にも向いていると思う。
けど最近ソフトジェル専門のネイルサロンが増えてるようで、そのせいかネイリストさんの腕にはかなり差があると私は思っている。
それだけお気をつけあそばせ。

今日のネイル

秋なのに暑いんですけど。
でも秋の気分は早めに味わいたいのが女心。
爪から秋です。

今日のネイル 08/9/11

足も一気に秋突入。

今日のネイル(足) 08/9/11

手足一緒にパチリ。

今日のネイル(手足) 08/9/11

秋というより魔女だな。

明日再びネイルサロンへ行き、手だけチェンジの予定。
昨日とりあえずジェルをオフしたけど、素爪で過ごすのはスッピンで過ごす以上にこわいので(折れたり欠けたりするから)、補強のために久しぶりにポリッシュを塗ってもらった。
濃いカラーはネイリストさんに塗ってもらうととてもきれい!
またいつか濃い色、例えば濃いピンクとかを短い爪に塗って数日間だけ楽しみたいなぁ。
なかじまみか?がやってそうな、真っ黒ネイルとかけっこうきらいじゃなかったりします。
男ウケなんてくそくらえだー!


徳用プリーズ

なんばへ行くときはいつもなんばパークスに駐車する。
街のど真ん中にあって便利なわりに良心的な料金設定だと思う。
平日ならば、パークスで6000円以上購入したら駐車料金2時間無料。
買い物は基本高島屋で済ますので(小さい子連れだとしんどくて、高島屋とパークスとはしごして買い物できない。百貨店コスメラブなので高島屋がメイン)、パークスでは6000円かせぐ?使う?ために化粧品だけ買う。

なんばパークスでは5階にあるAREEというお店が大好き。プラザみたいなバラエティ系。
りんくうのSCにも入っていて、そちらもよく行く。
品揃えが豊富で入れ替わりも激しく、ちょこちょこ行ってるのに毎回「あ、これ何!」という発見があって楽しい♪

駐車料金買い物は、毎日のように使ってもう何本もリピしてる消耗品コスメを買うことが多い。
ビオテルマのサンシビオH2Oとか、ロレアルのポインメイクリムーバーとか、デジャヴュのファイバーウィッグとか。
今回もいつものビオテルマと、あと日焼け止めのひとつが切れそうだったので、めずらしく冒険買い物をしてみた。
最近聖子ちゃんと中島美幸がCMしてるアスタリフト。

アスタリフト デイプロテクター

アスタリフト デイプロテクター (SPF35・PA++) 3,990円

これすんごくよかった!
何がいいって、まず香り。ローズの香りに塗りながらうっとりする。
日焼け止めでローズって!ほんまに日焼け止めって年々進化してるなー。
塗った後の感触は、ライトにしっとり。夏も使えるさっぱり&しっとりのあわせ技がナイス。
香りだけでなく使い心地も日焼け止めとは思えないくらい快適。
こんなに使い心地がいいと「ほんとに日焼け止め?ちゃんと日焼けを防いでくれるのか?」と疑いそうになる。それくらい使いやすい。

色も自分好み♪イエローすぎず赤みが気にならないピンクアイボリーで、全く白浮きしない。
日焼け止めは厚めに塗るほうなんだけど、重ね塗りしても白っぽくなったりしない。
そしてこっそり肌を明るく見せてもくれる。完全に透明ではなく、透明感をキープしたまま肌に光がのる感じ。
顔に塗ると一見何の変化もなさそうだが、手の甲に伸ばして塗ってないほうの手と比べると、さりげなく美肌に見せてくれてるのが分かる。
いくら肌色を明るく見せてくれても、日焼け止めにがっつり色がついてると色むらが出ないよう丁寧に伸ばす必要が生ずるので、日常使いにはちと面倒だったりする。
肌をきれいに見せてほしい、でもって透明感も欲しい、というグータラ主婦の思いをさりげなくかなえてくれる優秀ちゃん。
これからなんばパークスで駐車したら必ずこれ買っちゃいそう。

難点がひとつ。使いやすくてバシバシ使ってたら一気になくなってきた・・・。
消耗品のくせにけっこう割高な印象だなぁ。
いや、顔の大きさや塗る量によって感じ方は人それぞれだろう。私の場合顔の面積の関係上割高になってしまう。
もう少し割安で大きめサイズが欲しい。
以前ここで「日焼け止めは小さいサイズをこまめに買うのが好き」と書いたけど、この日焼け止めは徳用サイズがあったらぜったいそっち買う!
大家族の主婦は徳用ものに弱いとです。調味料は基本業務用。



シェーディング本格デビュー

前回の日記で少し触れたボビイのメイクショー。
記憶が鮮明なうちに感想を書いておこう。
モデルさんにはちょっと申し訳ないけど、触れるくらい目の前で見たった。キモいねごめん。
でもさーせっかくなら少しでも勉強したいもん。

メイクショーにあわせて、それまでに終わるようにメイクレッスンを予約していた。
レッスンを終え会計をしていたら、近くのステージでMAさんがショーの準備としてモデルさんのベースメイクを始めはって。
その日発売のパレットでのポイントメイクがメインだろうとは思ってたが、ベースメイクこそじっくり見たいんすけど!
というわけで、メイクショーも始まってないのにモデルさんのまん前に仁王立ちし、じっくり見せてもらった。
はー。同じアイテムを使ってるのにこんなに仕上がりが違うのはなーぜー。Ans.プロやから
まだショーが始まってなかったから黙々とメイクしてはったけど、言葉に説得力があるMAさんだったのでベースメイクこそ解説付で見たかった。
もしいつかかのMAさんがDVDレッスンで来るときは絶対予約しようと心に誓う。

メイクショーで一番衝撃を受けたのが、シェーディング。
今月の美的に「黒田啓蔵的骨格形成ベースメイク塾」というページがあったが、まさに「骨格」をもっと意識してメイクしようと、ショーを見て思った。

ショーはファンデを塗り終えたところからのスタートで、記憶が正しければまずはシェーディングから始まった。
MAさんの言ったことをきっちりは覚えてないけど、聞いたことを要約すると。
ファンデを塗ることで肌を均一にするが、言いかえると平面的、のっぺりとした印象になる。
そこにアイメイクをぽんっとやってもはっきりいって変。
ブロンジングパウダーで顔に立体感を出すことが重要、と。

突然ですが、日々のメイクでシェーディングを欠かさずしてはる方、います?
多分あんまりおれへんよね?もしやしてへんの私だけやったりして・・・?
いや、そんなことはなかろう。
日本の女子にとってはまだまだマイナーなステップやと私は踏んでいる。

けど私はあの日目撃した。
MAさんがブロンジングパウダーをささっと肌にのせた瞬間、顔がシュ、っと立体的になったのを!!
うああ!シェーディングするとこんなに違うのか!!
まじ小顔効果大ありですよ、奥さん。

次の日からシェーディングを欠かさずやっているのは言うまでもない。
単純?素直と言ってくれい。
ショーの後娘がぐずついてすぐに退散したので、ボビイのブロンジングパウダーは購入できなかった(近いうちに買う気満々)。
持ってる唯一のブロンズパウダーをひっぱりだしてきた。
こちら。

ソニアリキエル プードゥルブロンザント01

ソニアリキエル プードゥルブロンザント01

確か去年の夏に限定発売されたもの。
限定なら買ってみようかな~と深く考えずに購入し、ささっとつけてみたもののピンとこなくて、数回使用しただけでドレッサーのパレット洪水の奥深くで眠っていた。
イマイチかな?と思う買い物でも化粧品だとあまり後悔しないのはこういうことがたまにあるからだ。
服や靴は迷ったら絶対買わないが、化粧品は迷う間があったら財布出す(笑)。

シェーディングした後鏡をのぞくも、このまんまるなきかんしゃトーマス顔がキュっと小さくなったようには、うーん、見えない。
自分の顔って一番効果が分かりにくい。
けど。私は今後もシェーディングする女でい続ける。
それくらい、メイクショーでのシェーディングの小顔効果に、文字通り息を呑んだのだ。

今月の美的や黒田啓蔵氏の「劇的!王道メイク」を読み返し、ブロンズカラーのパウダーを探してみるつもり。

黒田啓蔵の劇的!王道メイク黒田啓蔵の劇的!王道メイク
(2006/12)
黒田 啓蔵

商品詳細を見る


おすすめのパウダーあったらぜひぜひ教えてください。



ヌーディーメイクが難しい理由

今日9/3はカレンダーにマル印をつけて指折り数えて待っていた。
ボビイの限定パレットの発売日でメイクレッスンを予約してたのと、前から一度見てみたかったMAさんのメイクショーがあったから!
このMAさん(♂)、以前DVDレッスンを予約したときに「この人ですよ~」って言われててめっちゃ楽しみにしてたのに、直前確認の電話の際に違う人に変更になりました、てなことがあって、ちょっと、いや、かなりがっかりした。それもあり今日は余計楽しみだった。
メイクレッスンも約4ヶ月ぶりだし。

さて今日発売のパレット。

ボビイブラウン シマリングヌードパレット

ボビイブラウン シマリングヌードパレット 6,825円

ボビイ好きならきっと股間を押さえると思われる、ヌーディーカラーがずらりと揃ったパレット。
そしてボビイ好きなら去年8月に発売されたストーンウォッシュドヌードパレットを思い出すであろう。
使いまわし写真で失礼。

ボビイブライン ストーンウォッシュドヌードパレット2

ストーンウォッシュドヌードパレット 6,300円。お、今年は500円も値上がりしとる。

※上の写真と下の写真は異なる商品ですよー
写真で見るとどこが違うのか、間違い探しをしたくなる。いやー見事にクリソツだ。
今日買ったばかりでまだ使いこなせてはないけど、今日レッスンで話を聞いたりちょっと使ってみた感想としては、去年のストーン~とはやっぱり違う。違ってなきゃ困る。

ストーン~がスモーキーなのに対し、今年のシマリング~は、とことんヌーディー。
キラキラしつつ色に透明感があるので、丁寧にメイクすると、非常~に男受けしそうなナチュラルメイクが実現すると思われる。
ほら、男って何だかんだ言ってナチュラルメイクが好きやって言うじゃないですか。
けどほんとにナチュラルにメイクしちゃうと、・・・すっぴんやん、とか、今日は顔色悪いの?ってメイクになりがち。
このパレットで丁寧にグラデーションを描くと、あくまで自然な目元なのにちゃんと目力も出てほんのりセクシーな印象もかもしだせそう。

何度も「丁寧に」って言ってるけど、私の持論は「ヌーディーメイクはかえって手間がかかる」。
さっきも書いたとおり、ナチュラルにヌーディーメイクを施すとやってもやんなくても意味がないような超薄味メイクになってしまう。
例えば、このシマリング~も、パレットのカラーをとりあえず目元にのせても、なんかあんまり変化がおきない。あれ、塗ってる?みたいな。
張り切って盛大にどどーんとのせると、・・・今日はくすんでるなぁ、って目元になる。
うおーこれぞヌーディーメイク地獄。

地獄を脱するには。下地ですよ下地。
というわけで抱き合わせでいろいろ買っちゃいます。

ボビイブラウン アイシャドウ・シマーアイシャドウ

右:シマーアイシャドウ ペールピンク 3,200円(税抜)
左:アイシャドウ アイボリー 3,200円(税抜)

練り状のシマーアイシャドウをまぶた全体にのばし、その上にアイシャドウ アイボリーをのせる。
一見何も塗っていないように見えるが、片方だけメイクすると差は歴然。
まぶたが明るくなりくすみがサーーーっと消える。ルナソルとかのアイシャドウ下地だけよりがつんと目元が「白紙」になる。
くすみが存在したままヌーディーカラーをのせると、くすみとタッグを組まれるんですよ。
目元を一度ニュートラルな状態にして、それからヌーディーカラーで丁寧にグラデーションを描くことで、自然なのにキリっとしてセクシーな目元になるのですね。

うーむ。けっこう面倒なんすけど。
いや、ちゃんとやりますよ。メイク好きだし何より買っちゃったから。
でもさー。最初ッからパレットに入れといてよこの色たち。せめてアイシャドウだけでも。
去年のストーンウォッシュド~にはベースになる明るいカラーがひとつ入ってたからなぁ。
そういう理由で、どちらが優秀か?と問われると私は去年のストーン~に軍配かな。仕上がりはどちらも同じくらい素敵だし。

そういや去年ストーン~買ったときに、ベースにって今日買ったシマーアイシャドウの違う色を一緒に買ったよ。白っぽいカラー。
それを下地にできないのですか?と聞いたが、あまりおすすめではないらしい。
何でも、白だとけっこう目元がシルバーになるので、色に透明感のある今年のパレットだとシルバーが前面に出ちゃうらしい。
ヌーディーメイクを十分楽しみきれない、と私は受け取った。
おすすめされたペールピンクだと、血色に近い色でまぶたに自然になじみつつ、さりげなく明るくしてくれるらしい。
・・・ああーなるほどなるほど。分かります。
理解できるから、買ってしまう。いっそ分からないほうがいい・・・。

ちなみにこのふたつ。

ボビイブラウン シマーアイシャドウふたつ

自己満足ワールド。

メイクショーでは下地にロングウェアクリームシャドウのサンディーゴールドを使ってはった。
あ、それなら持ってる。

ボビイブラウン クリームシャドウ サンディーゴールド

真ん中のやつ。
アイシャドウの色味をギリギリ邪魔することなく主張するゴールドの輝きがキレイで、好き。
ヌーディーなアイシャドウって、ベースとかで遊べて幅広く使えるのがいいんやなぁ。

なんだかこのパレットを褒めてるのかいないのか、よく分からないですな。
とにかくボビイが好きな人は買って間違いなし。
ヌーディーメイクがしたい人にもおすすめ。
ただ、しっかりレッスンを受けてから買ったほうがいいのと、抱き合わせ買い物は覚悟したほうがいい。

最後にシマリングヌードパレットですごく気に入ったところをひとつ。
違うカラーを重ねづけしても透明感をキープできるのがいい!
アバウトにメイクできそう。
途中で、あ、もっとシマーな質感ほしいな、と思ったらキラキラの色をサっと重ねづけしたりとか、あんまり考えすぎずに、遊び心を持ってメイクできそうなのが、メイク魂をくすぐられてナイス。

メイクショーの話も書きたかったんだけどな。長くなったしまた次回ということで。
想像以上に勉強になった。
MAさんがけっこういろいろしゃべりながらメイクしてはってんけど、その一言一言がフムフムとかへぇぇーとかってことで、メモとりながら見たかった。
実際はメモとるどころか、あまり集中して見られへんかったのやけど。
12キロ超の娘抱いて、でかいママバックと買い物した紙袋持って、娘に髪の毛をもしゃもしゃにされながら、最前列でモデルさんの毛穴を探しながらメイクショー見てた。笑
その様子を遠くから見てたらしいダンナくんに「砂かむりで見てたなぁ」って笑われたもん。
見てたんなら娘と荷物を引き取ってくれよー。


今日のネイルとカンオープナー

9月1日、ネイルサロンへ。
別に日にちに意味はないけど、月始めに爪がすっきりしたのがなんだかうれしくて。

今日のネイル 08/9/1

スカルプをオフしソフトジェルで。長さも短めにして、すっきり。
アートもシンプルに。

今日のネイル 08/9/1-2

前回のネイルがこんな感じでがっちりロング&ゴールドネイルだったので、急に自分が乙女・少女になった気分でいます。むはは。

乙女気分を盛り上げてくれるのがもひとつ。こんなきゃわゆいカンオープナーを本日お持ち帰り。

エリコネイルカンオープナー

エリコネイルとtweetyがコラボしたカンオープナー。

以前から使っていた、同じくエリコネイルのシンプルなカンオープナーを紛失してしまい、この夏は缶を開けるのにいちいち人に頼まなければならなかった。
爪は痛ませたくないけど、でもこんな筋肉ムキムキの分際で「缶あけて」なんて頼むのはプライドが許さない!
ダンナくんに頼むのは特にシャクなので、親戚の小学生とかにいつもあけてもらってた。
このカンオープナーがあればひとまず安心だ。

キラキラですけど、何か。

エリコネイルカンオープナー2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。