スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネーミングどおり

アディクション パウダーファンデーション

アディクション グロウ パウダーファンデーション(マドレーヌ)

今年の春夏ファンデはまずアディクションにしてみました。
これいい!
興味のある方は一度試してみてほしいです。

いい、とさっくり言いましたけど、ファンデに何を求めるかは人によってかなりまちまちだと思います。
ポイントメイクアイテムはこれいいでーって人にすすめやすいけど、ファンデは、私は好きでも他の人にとっては、ん?って思うことも大いにありそうですし。

今、私がファンデに求める条件は、手間がかからないこと。
このファンデはそれをばっちりクリアしています。
ブラシが幅広で、およそ6はけで全顔にファンデをのせれます。
時間にして約10秒あればファンデをつけれるという手間のかからなさ!
小鼻のわきや口元はブラシの端を使ってこれまたササとのせやすい。
ブラシが実にいい形なんです。

仕上がりはごく自然。
アヤコさんは透明感重視なんですな。
下地とファンデだけならワンマイルメイクってところです。
大人はコンシーラーも一緒に使ったほうがいいと思います。

このファンデのもひとついいところは、崩れが気にならない事。
仕上がりが自然すぎて、崩れてもあまり分かりません。
汗をかく季節になると重宝しそうな気がします。

一緒に買った下地とコンシーラーもいい仕事してくれます。
今日はとりあえずコンシーラーについて。

アディクション コンシーラーコンパクト

アディクション パーフェクトコンシーラーコンパクト

コンシーラーといえばブラシでのばしてヨレないうちにパウダーをのせてプレス!というのが当たり前と思っていたので、手でのばすことにまずビックリ!
「別売りのブラシでのばすほうが実は仕上がり的にはおすすめ、とか本当にないんですか?」
としつこく聞きました。
いやだって手でコンシーラーつけるて!

テクスチャーがまた不思議で驚きました。
触るとクリーミーな質感でネチョっと水分を感じる普通のコンシーラーの感触なのに、のせるとさらりとパウダーっぽい手触りになるんです。

手でコンシーラーをとるとなると適量をとるのが難しいのかも、と心配しましたが、数回使ったところ、かえって取る量をコントロールしやすくていいなと思いました。
それゆえ、コンシーラーのくせに手間レス!
コンシーラーって、急いでるときに省きがちな化粧作業のひとつだと思われるのですが、これならバタつく朝にも目元に常駐してるクマをちゃんと隠せます。
NARSのコンシーラーも一本でいろんな所に使えてわりと手軽で好きだったのですが、さらに上をいく手軽さ。
これ以上手軽に使えるコンシーラーには今後もなかなか出会えないのではと思います。

というわけですっかりアディクション‐アディクションですよ。はっはっはっ。





スポンサーサイト

頬だけ少女で春。

長女の幼稚園が春休みに入り、実家に帰っています。
帰省前はあたたかく、春物をるんるん買って持ってきましたが、帰ってからこっち毎日寒いです・・・。
保険で荷物に詰め込んだ、一枚のニットとショートダッフルとヒートテックに頼り切る毎日です。

服だけでなくコスメも春満開な色ばかりを持ってきました。
寒くても顔だけおめでたく春してます。

春はピンクのチークだぜ!と毎日使っているのがジルの春の新色。
といっても確か1月に発売されたものですが。

ジルスチュアート ブラッシュブロッサム外見

ジルスチュアート ブラッシュブロッサム06

ジルスチュアート ブラッシュブロッサム06

ほんわかと上気した少女のような頬(思い込みは大切)が簡単につくれます。
右のピンクもパウダーもいい色だし、左のぼかすパウダーがまたいい仕事をするんです。

素敵なパケにつられて乙女気分で頬にまんまるチークをこの色でやっちゃうと、頬以外のおっさん風味との落差が心配なので、このチークはわりとシャープめにななめに入れています。

ジルのコスメは、開けても閉じても嗅いでもブラシもかわいいです。







留袖メイク

タカシマヤボビイノベ11春

大阪島屋のボビイで今日もらったノベが素敵!
シャンパーニュクォーツ アイ クワッド コレクションというのをいただきました。
アイクワッド シャンパーニュクォーツという四色入ったアイシャドウとミニサイズのマスカラがちっさいポーチに入っています。
ここ限定なのか、いくら以上買ったらもらえるのか等情報がないので、とりあえずアップしときますっ

ボビイ・アイクワッドシャンパーニュクォーツ

この四色の捨て色の無さたるや。
大きさは単色のアイシャドウやチークと同じ大きさです。


ちなみに今日はメイクアイテムばかり買いました。

今日買ったボビイのアイテム 11/3/16

今週末に私の妹の結婚式がありまして、そのときに留袖を着るのです。
留袖を着るのが初めてなものでどんなメイクをしたらいいのか分からなくて、今日ボビイに相談しに行きました。
やはりプロに相談すると的確にアドバイスをもらえていいですね。

一番悩んだ口元は、ローズ系をすすめられました。

ボビイブラウン クリーミーリップカラーイタリアンローズ
 
クリーミーリップカラー9 イタリアンローズ

着物に合わせるため濃い目の色ですが、肌にあう色だからか悪目立ちしません。
妖怪人間ベムに出てくるベラのような、食べられそうな口元にはならないと言えば分かりやすいでしょうか。
グロスを重ねたりベージュのリップの上に使ったりしたら、季節は選びそうですが普段でも使えそうです。
式当日はこれ一本でいきます。
グロスいらずな自然なツヤ感も気に入ったポイントです。
着物メイクではラインをきっちりとったほうがいいとのことで、リップライナーもあわせて購入しました。
どんなリップライナーをあわせればいいのか考えるのが面倒なので、リップライナーはいつも口紅と一緒に買ってしまいます。


リップにあわせてチークもローズです。

ボビイ ブラッシュウォッシュドローズ・ポットルージュ

右:シマーブラッシュ ウォッシュドローズ
左:ポットルージュ ブラッシュドローズ

最近のチークはピンクかオレンジばかりだったので、ローズの頬はとても新鮮でした。
チークを変えるとメイクの雰囲気ががらりと変わるので楽しいですね。

写真右のシマーブラッシュは、シルバーのラメが入っててかわいい!一目ぼれしました。
反対に左のポットルージュは、最初見たときは別にいいかな・・・と思いました。
だって見た目が渋すぎません?せっかく春なんやし明るい色を使いたいじゃないですか。
でも肌にのせると、自分の本当の血色のように自然に発色して、KO。
こんなに暗い色なのにかわいい・・・とついつぶやきましたよ。
MAさんによると、クリームチークとパウダーチークの両方を使うとき、クリームチークは暗めにしてパウダーを明るい色にしたほうが自然だしかわいいのだそう。
今日メイクしてもらって納得がいきました。
けっこう理屈っぽいほうで、かわいいだけじゃダメなんですねぇ。納得したい。

アイシャドウはひとつだけ買いました。

ボビイブラウンメタリックアイシャドウ ラベンダー

メタリックアイシャドウ ラベンダー

目元は手持ちのブラウンのパレットを使うつもりだとMAさんに言ったら、「ブラウンに少しラベンダーを入れるといいですよ」とのことで試したら、ラベンダーがブラウンとよく合うので驚きました!
このラベンダーは色というよりニュアンスが乗る感じです。
アイホールの4分の3くらい、二重の幅よりちょっと広めに入れると、透明感が出つつ華やかになって、結婚式にぴったり。
結婚式だけでなく普段使ってももちろんかわいいと思います!
春らしさもあって、しばらく活躍してくれそうです。

当初買うつもりがなかったアイシャドウが一番気に入ってるあたり、コスメ買い物あるあるですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。