スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美肌について深く不真面目に考える

とても印象的な表紙と言葉だったので、見て即購入。

FRaU (フラウ) 2008年 04月号 [雑誌]FRaU (フラウ) 2008年 04月号 [雑誌]
(2008/03/12)
不明

商品詳細を見る


「肌のきれいな人は、なぜ「何もしていない」というのか。」

言うよねー。
美肌な人に「肌のために何かしてるの?」って聞くとたいてい「何もしてない」って言われる。
んでそう言われると、やっぱ肌のきれいさって遺伝なのか?、とか、生まれつき肌のきれいな人には何をやってもかなわないのよねぇぇー、なーんてひがみたくなる。

んが、齢30にして思うのは、本当に遺伝だけで肌のきれいさをキープできるのは20代までとちゃうか。
肌の表面はきれいでも、本当に何もしていないと、どうしても下がってくると私は思っている。
こんな話、いじわる女っぽくてヤなんだけどさー。
たまには毒吐かせてもらうぜ。

久しぶりに会って「あ、あの子、相変わらずお肌きれいだけど・・・やっぱ少し年とった」って思うのが、頬から下、顔の下半身に下がりを感じる瞬間。
シワではなく、たるみね。た・る・み。
やっぱ何もしてないと重力にはどうしても逆らえない模様。
重力には必死で抵抗しなければ!!

話は少し変わって、今日、更新した車の免許証が届いた。
そしてみんなやることといえば、古いのと新しいもの、5年前のあたしと今のあたしの写真をじーーーーっくり見比べる!
新旧2枚の免許証をむむむ・・・と見比べててたら、10分くらい一気に時計が進んでてびっくりした。

5年って、微妙~な時の流れ。
2年だとあまり変わらない。10年だとあきらめもつく。
5年。できれば変わっていたくない。でも何かが変わってる・・・。
5年前の免許の更新のころはよく覚えてて、今のダンナくんと結婚しよかー、ほな仕事やめよかーってころ。
仕事のストレスもあったり生活リズムも超不規則だったりで、肌が一番ボロボロだった。
肌だけ見ると、確実に今のほうがきれい、と思う。ダンナくんにもそれは言われた。

問題は重力ですよ、重力。
今の写真のあたし、顔がやさしいわぁ~(泣)。
主婦になって顔がぼへーーんとゆるくなったとか言い訳したくなるくらい、顔つきが違う。
5年前は、きりり、というか、きつい顔してる。
やさしくなっただけならまだしも、左右で顔のゆるみ方が違うのが、何ともヤバすぎる。
いつも鏡見て気になるのが、右が下がってること。
5年前にもうすうす気づいてたのだが、5年前に比べて今のあたし、左右の「高さ」の違いがあまりにもあって、それに愕然とした。

齢30になってもひとつ思うこと。シミよりシワより、たるみが一番ケアが難しい。
あの手この手を使ってもなかなか結果が出ないのに、手を抜くとすーぐ「下がり」を感じてしまう。
きっと肌のおおもと、基幹の問題だからだろうなー。

そう、肌って生活習慣や食生活によるところがほとんどやもんね。
このブログや自分の趣味を否定するようだが、化粧品に出来ることなんてたかが知れてる。
話は最初に戻るけど、肌の綺麗な人はじゅうまんえーんもするような化粧品を毎日使ってるというわけではなく、日々の暮らしが美肌につながるようなことがきっと多くて、でも本人は特別肌のためにやってるってわけじゃないから「何もしてない」になるんやと思われる。
フラウにもそれは書いてあった。読みながら「そうそうそう」とうなずきまくった。

生活習慣ってさー、実は一番変えにくいよね。
確固たる意思がないと変わらない。
だって数ヶ月ハイクオリティの素晴らしい生活をしても数日ですーーぐ元のぐうたら生活に戻れるもん。
人格が変わるくらい心を改めなければ生活習慣って変わらない。

私は、結婚したおかげで生活習慣がすごく変わった。たぶんいい方向に。
これは本当にダンナくんをはじめ家族に感謝している。
だってさー、22時まで起きてたら「こんな夜中に何してるの!?」てな雰囲気の家って、どうよ。
超早寝早起き一家って分かってたけど、いざ一緒に生活してみたらなかなかなじめなかった。
それ以前はAM2時とかに就寝してたし。そのほうが現代社会では一般的なのでは。
早寝ってなかなかできないもので、最初はそれまでどおりの遅寝早起きもしくは遅起き生活のままだった。
結婚5年目となる最近は娘が早寝早起きなのもあって、遅くとも23時までには寝てる。
それでも私は我が家では、遅くまで起きてる人と認識されている。

早寝早起きが板についてる義母は、やっぱり肌がきれい。
特別きれいオーラを出してるような美肌ではなく、強くて元気な美肌。
毎年けっこう日焼けしてはるけど(趣味がゴルフだし夏に屋外で働いてはるし)、シミとかあんまり目立たない。日焼けの黒さも冬になるとサーっと戻ってる。
何よりたるみが少ない!同年代のおばちゃんに比べて、ほんと元気な肌してるなーと思う。

ちなみに私の母も肌がきれい。
すっごい敏感肌で化粧品とかすぐかぶれる肌なんだけど、オーラが出てるような、ザ・美肌。
今でこそ、年のわりにやっぱきれいだなーって感じの肌だけど(それでも十分きれい)、私が学生のころは肌がピカピカだなぁと娘なのに見とれたこともある。
なんで私の肌は母に似なかったのか、と何の罪もない父をうらんだなー。
彼女には遺伝的なものを感じるが、それでも日々の生活習慣によるところが一番だと思う。
小さいころ不思議だったのが、母が洗顔の後に鬼のようにすすぎまくること。
とっくに泡は落ちてるのになーって、延々と顔をすすいでる姿を見て思ってた。
あとは食生活かな。昔から食べ物にはうるさい人だったし。

と母二人を比べると、キャラや考え方・生活習慣で肌の質ってちがうなーとつくづく思う。
人それぞれ、顔立ちと同じように肌の雰囲気に持ち味があるし、それを生かしたスキンケアやメイク(特にベースメイク)をすれば少しはべっぴんさんに近づけるのかなぁと、フラウを読みながら思った。

まとめ。
美肌には、食べ物と睡眠。

あともひとつ、いい恋愛、かと。
そうそう、さっきホリデイ見ててさー。

ホリデイホリデイ
(2007/08/09)
キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット 他

商品詳細を見る


用事しながらでなんとなくしか見てないんだけど、「クソ恋愛とはおさらばだー」みたいなセリフがあって。
そうだそうだ!と一人合いの手を入れてしまった。
うんうん、クソ恋愛はいかん。女を下げてまうよ。

ああー私も恋してお肌ピカピカになりたぁぁぁぁぁい!!
浮気願望があるわけでなく、肌のために。本末転倒?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。