スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌーディーメイクが難しい理由

今日9/3はカレンダーにマル印をつけて指折り数えて待っていた。
ボビイの限定パレットの発売日でメイクレッスンを予約してたのと、前から一度見てみたかったMAさんのメイクショーがあったから!
このMAさん(♂)、以前DVDレッスンを予約したときに「この人ですよ~」って言われててめっちゃ楽しみにしてたのに、直前確認の電話の際に違う人に変更になりました、てなことがあって、ちょっと、いや、かなりがっかりした。それもあり今日は余計楽しみだった。
メイクレッスンも約4ヶ月ぶりだし。

さて今日発売のパレット。

ボビイブラウン シマリングヌードパレット

ボビイブラウン シマリングヌードパレット 6,825円

ボビイ好きならきっと股間を押さえると思われる、ヌーディーカラーがずらりと揃ったパレット。
そしてボビイ好きなら去年8月に発売されたストーンウォッシュドヌードパレットを思い出すであろう。
使いまわし写真で失礼。

ボビイブライン ストーンウォッシュドヌードパレット2

ストーンウォッシュドヌードパレット 6,300円。お、今年は500円も値上がりしとる。

※上の写真と下の写真は異なる商品ですよー
写真で見るとどこが違うのか、間違い探しをしたくなる。いやー見事にクリソツだ。
今日買ったばかりでまだ使いこなせてはないけど、今日レッスンで話を聞いたりちょっと使ってみた感想としては、去年のストーン~とはやっぱり違う。違ってなきゃ困る。

ストーン~がスモーキーなのに対し、今年のシマリング~は、とことんヌーディー。
キラキラしつつ色に透明感があるので、丁寧にメイクすると、非常~に男受けしそうなナチュラルメイクが実現すると思われる。
ほら、男って何だかんだ言ってナチュラルメイクが好きやって言うじゃないですか。
けどほんとにナチュラルにメイクしちゃうと、・・・すっぴんやん、とか、今日は顔色悪いの?ってメイクになりがち。
このパレットで丁寧にグラデーションを描くと、あくまで自然な目元なのにちゃんと目力も出てほんのりセクシーな印象もかもしだせそう。

何度も「丁寧に」って言ってるけど、私の持論は「ヌーディーメイクはかえって手間がかかる」。
さっきも書いたとおり、ナチュラルにヌーディーメイクを施すとやってもやんなくても意味がないような超薄味メイクになってしまう。
例えば、このシマリング~も、パレットのカラーをとりあえず目元にのせても、なんかあんまり変化がおきない。あれ、塗ってる?みたいな。
張り切って盛大にどどーんとのせると、・・・今日はくすんでるなぁ、って目元になる。
うおーこれぞヌーディーメイク地獄。

地獄を脱するには。下地ですよ下地。
というわけで抱き合わせでいろいろ買っちゃいます。

ボビイブラウン アイシャドウ・シマーアイシャドウ

右:シマーアイシャドウ ペールピンク 3,200円(税抜)
左:アイシャドウ アイボリー 3,200円(税抜)

練り状のシマーアイシャドウをまぶた全体にのばし、その上にアイシャドウ アイボリーをのせる。
一見何も塗っていないように見えるが、片方だけメイクすると差は歴然。
まぶたが明るくなりくすみがサーーーっと消える。ルナソルとかのアイシャドウ下地だけよりがつんと目元が「白紙」になる。
くすみが存在したままヌーディーカラーをのせると、くすみとタッグを組まれるんですよ。
目元を一度ニュートラルな状態にして、それからヌーディーカラーで丁寧にグラデーションを描くことで、自然なのにキリっとしてセクシーな目元になるのですね。

うーむ。けっこう面倒なんすけど。
いや、ちゃんとやりますよ。メイク好きだし何より買っちゃったから。
でもさー。最初ッからパレットに入れといてよこの色たち。せめてアイシャドウだけでも。
去年のストーンウォッシュド~にはベースになる明るいカラーがひとつ入ってたからなぁ。
そういう理由で、どちらが優秀か?と問われると私は去年のストーン~に軍配かな。仕上がりはどちらも同じくらい素敵だし。

そういや去年ストーン~買ったときに、ベースにって今日買ったシマーアイシャドウの違う色を一緒に買ったよ。白っぽいカラー。
それを下地にできないのですか?と聞いたが、あまりおすすめではないらしい。
何でも、白だとけっこう目元がシルバーになるので、色に透明感のある今年のパレットだとシルバーが前面に出ちゃうらしい。
ヌーディーメイクを十分楽しみきれない、と私は受け取った。
おすすめされたペールピンクだと、血色に近い色でまぶたに自然になじみつつ、さりげなく明るくしてくれるらしい。
・・・ああーなるほどなるほど。分かります。
理解できるから、買ってしまう。いっそ分からないほうがいい・・・。

ちなみにこのふたつ。

ボビイブラウン シマーアイシャドウふたつ

自己満足ワールド。

メイクショーでは下地にロングウェアクリームシャドウのサンディーゴールドを使ってはった。
あ、それなら持ってる。

ボビイブラウン クリームシャドウ サンディーゴールド

真ん中のやつ。
アイシャドウの色味をギリギリ邪魔することなく主張するゴールドの輝きがキレイで、好き。
ヌーディーなアイシャドウって、ベースとかで遊べて幅広く使えるのがいいんやなぁ。

なんだかこのパレットを褒めてるのかいないのか、よく分からないですな。
とにかくボビイが好きな人は買って間違いなし。
ヌーディーメイクがしたい人にもおすすめ。
ただ、しっかりレッスンを受けてから買ったほうがいいのと、抱き合わせ買い物は覚悟したほうがいい。

最後にシマリングヌードパレットですごく気に入ったところをひとつ。
違うカラーを重ねづけしても透明感をキープできるのがいい!
アバウトにメイクできそう。
途中で、あ、もっとシマーな質感ほしいな、と思ったらキラキラの色をサっと重ねづけしたりとか、あんまり考えすぎずに、遊び心を持ってメイクできそうなのが、メイク魂をくすぐられてナイス。

メイクショーの話も書きたかったんだけどな。長くなったしまた次回ということで。
想像以上に勉強になった。
MAさんがけっこういろいろしゃべりながらメイクしてはってんけど、その一言一言がフムフムとかへぇぇーとかってことで、メモとりながら見たかった。
実際はメモとるどころか、あまり集中して見られへんかったのやけど。
12キロ超の娘抱いて、でかいママバックと買い物した紙袋持って、娘に髪の毛をもしゃもしゃにされながら、最前列でモデルさんの毛穴を探しながらメイクショー見てた。笑
その様子を遠くから見てたらしいダンナくんに「砂かむりで見てたなぁ」って笑われたもん。
見てたんなら娘と荷物を引き取ってくれよー。


スポンサーサイト

コメント

ヌーディメイク…
色物メイクも今頃人並みにするようになった私にはかなり遠いシロモノ。
BOBBIのモデルさんみたいなメイク、いいなーと思うんやけど、
自分には似合わないヨカンがひしひし。なぜなら、ヌーディメイクって
・顔が濃い
・健康的な肌色である
人に似合うような気がするんやけど…どうですかこの仮説。
多分私がやったらほんと、「・・・スッピン?」になりそうな気がする。

ヌーディーメイク。基本のっぺり顔のニホンジンにはハードル高く感じるよね~。それを克服できるのがボビイのいいところなのであります!文中にあるメイクショーのモデルさん、色白でわりかし顔はあっさりしてはったけど、ヌーディーメイク素敵やったよ。アーティストの腕によるところも大きいのは認めるが。
>顔が濃い・健康的な肌色である
これってボビイの広告で多いタイプだからそう思うのかも。そしてあなたもお気づきのように、このふたつにピタリとあてはまる私は、ボビイの広告みたいな顔にちゃーんとなります(笑)。
てかさ、顔が濃くて色黒だと、色で遊ぶメイクが似合いにくいんだよー。チョコレート色のキャンバスに色鮮やかな絵をかいてもどうよ、っていう。色白さんは色で遊べていいなぁといつも思ふ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。