スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散々悩んだリップケア

突然ですが、わたくし、リップクリームを塗りません。

正確には、塗らなくなった、だな。

唇の荒れには20代から悩まされ、このクリームがよいと聞けば買い、高いクリームを見つけては買い、唇ケアにそれなりの投資(大げさ)もしてきた。
そうして約10年いろいろ試して思ったのが、ここにも2年前くらいから書いてるのだが、リップクリームを塗りすぎるとかえって唇が荒れる、ということ。

唇でストッキングが伝線させれそうなくらい(笑)荒れ果てているときは、朝と晩の2回くらいはリップクリームを塗るほうがベターと思われるけど、特にそんなに荒れてないときは、塗らないほうが調子がいい気がする。

科学的根拠とかぜんっぜん示せないし、私の感想・勘だから誰にとってもそうだとか、保障はできかねる。
けど、唇の荒れに人一番悩んできた身として、リップクリームなしでこの冬をくぐりぬけてみてよかったことを、ここでは声高らかに叫びたい。

リップクリームを塗らない。
それだけのことが自分にとっては革新的で、勇気のいることだったのが、今までの唇の荒れ具合を示している気がするなぁ。

というわけで、普段はメイク前もリップクリームは塗らずに保湿グロスを愛用している。

クリニーク スーパーバームモイスチャライジンググロス01

エテュセ リップエッセンス

主に使うのは、クリニークのスーパーバームモイスチャライジンググロス01(上)や、エテュセのリップエッセンス(下)。
まぁどちらもいわずと知れた名品ですな。
私の場合、エテュセのは朝、日焼け止めと一緒に塗り、クリニークのはメイクのときにグロスとして塗るという感じ。
クリニークのは色づき具合もいい塩梅で、丁寧に塗らなくても大丈夫なところも、多忙な女子向きと思われる。

ヴァージンメディカル クリーム

夜は普通にスキンケアするだけで特にリップケアはしない。
荒れてるなぁと思ったらこのヴァージンメディカルのクリームを寝る前に塗る。
これを塗ったらたいていの荒れは一晩でなおる。ほんまに。荒れた唇の救世主。
このクリームを塗って唇の荒れとオサラバできたことで、リップクリームを使わなくなり、そうすることで唇がより荒れなくなった、という、正のループにはまれたのである。

あんまり書くとしゅうきょうみたいであやしくなるのでこれくらいにしときます。。。

しかし唇が荒れてない自分・リップクリームを塗らないオレに未だ慣れてなかったりする。
つい先日も、昔気になっていた某クリニックコスメのリップクリームをついポチってしまい使ったところ、確かに塗ってしばらくは潤うし潤いの持続力もあったのだが、時間がたつと何というか、唇が干上がったように乾燥しはじめてしまい、あわててヴァージンメディカルのクリームを塗って寝ますた。

あ、ひとつだけ、このリップクリームは使ってる。

ジルスチュアート フルーツリップバーム

ジルスチュアート フルーツリップバーム

リップクリームとはおさらばしたぜ!とか何とかエラそうなこと思ってたのに、見た目の可愛さについ買ってしまった。
これがなかなかいい仕事をしてくれる。
ほぼグロスな使い心地で、使用後時間がたってもあまり乾燥も感じず、色も血色がよくなったようにほんのりつくしツヤが出るしで、ジルのリップラスターを塗る際のベースとして重宝している。
とかいろいろ並べても、何よりカバンからこれを取り出したときの高揚感がもう(病気)。

今日は真面目にリップケアを書こうと思ったのだけれど、結局はグダグダで終わりまする。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。