スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃を振り返る

Sex and the Cityで、仕事を辞めて恋人についてってパリに行く!と言うキャリーをミランダがやめとけ!と叱る場面を見てフと思う。

私ってばあの時、よく仕事辞めて終の棲家を岸和田にするって決めて結婚したなぁ、と・・・。

そんな大げさな、仕事は結婚してからも続けれるし住むとこだって自由だ、と言われるかもしれない。

けど私ら夫婦の場合、家庭の事情などで、結婚後仕事を続けるか悩むどころか、もし働くとあれば家の仕事を手伝う以外には難しかったり、結婚=義両親と同居、だったり、だんじりの関係上岸和田以外はおろか町内以外に引っ越す気がダンナくんになかったりと、今思えば制約だらけともいえる選択をあの時したような。

私の親は多分心配してたであろう。
今まで散々好き勝手して暮らしてきたのに(大学時代から下宿させてもらってて働いてからも一人暮らししてた)、そんな急に何もかも決めらなあかんような結婚を決意して大丈夫か?と。

当の本人はというと、何とかなるサとしか考えてなかった。
若かったもんね~(遠い目)。
結婚したのが26歳、てことは、結婚すっか、と決めたのが25歳。若っ。

三十路直前の現在もあまり深く物事を考えない私。
25歳の時は「自分の人生・・・」なんてこたぁなーんにも考えてなかったに違いない。
だからこそ結婚なんて出来たのかもしれん。

その頃よりも(独身の時よりも)物理的には不自由になった、確かに。
夜出かけるのもいちお気を使うし→面倒になって出かけなくなったし、いわゆる家事とかしてるし、人の予定に合わせて自分の予定を組むことも多い。

けれど不思議なことに、心理的にはなんだか自由になった。あの頃より。
不自由な中の自由を手にしたって感じなのか。
完全に自由なのが幸せとは人間、限らないのかもね。
スポンサーサイト

コメント

私最近お邪魔しすぎで、ちょっと自粛と思ってたけど、これはめちゃ共感しまくりでスルー出来なかったよ!
あなたの書いてる事、いちいち納得。
心理的に自由になった、って言うのも抽象的やけど良く分かる!不自由があっても、『何かを犠牲にしてる』とかって感覚もないしね。
これは、日々幸せで、充実してる証拠だと思う。そして、そんな風に思えるのは、パートナーのおかげによるところが大きい。お互い旦那さんに感謝しましょう!!

いえいえ、よかったら毎日でもコメント欄に遊びにきてください(笑)。

そう、以前より不自由な点があっても「犠牲にしてるorなってる」という感覚ではないんですよね!
言いたかったことを的確に表してもらってスッキリv-218

>これは、日々幸せで、充実してる証拠だと思う。
そっか~。←ビミョーに気づいてませんでした(苦笑)
ホント、お互い旦那さんに感謝しなきゃですね☆

ええと、完全に自由だと、逆に自由の何たるかは分からないよね。校則があるからこそ校則違反が出来る、という感じ?そもそも完全に自由、ってなんだろう?・・・あぁ、だめ、it's禅問答!!
とりあえずSATCが冒頭に出てきたので、久々に喰らいついてみたよ。元気にしてる?

久々に夜更かししてて、しかも「自由とは!?」なんてコトを書いたらおかしな内容になりそう(苦笑)。

この話で書いた「完全に自由」って、私の中では、大人になると出てくるしがらみにとらわれないって感じ。
仕事をする、結婚をする、子供ができる、家族の面倒をみる等など、大人になるにつれ起こることって、まぁ面倒なことが満載やん。
それらすべてを避けて通ることも出来るかもしれん。
例えば・・・遺産ザックリ入って優雅な一人暮らし、とか??
それは冗談で、とにかく一生大学時代みたいな生活をできるとしたら、ってフと考えてみた。

けどそれは幸せなこととではないのかも、て。
自分の今のそんなに自由なワケでもないあ立場を振り返って、でも今手にできてる自由はかなり楽しめるっと思うと、オットナー、みたいな(笑)。
スマン、支離滅裂だ~

というわけで、おかげさまで相変わらずです☆
旅行欲だけが膨らんでいってるけど(泣)。
アナタのブログをおかずにしてます。。。

ああ。それを私の今ある状況に照らして端的にいうと、「仕事があるから休日が楽しい」的なことになるのかも。
(でもモノホンの金持ちで仕事しなくていい立場の人って、それがベースだからも全然何の呵責もなく日々遊ぶらしいよ・・・一生そうはなれん気がする、宝くじ当たっても何らか働いていたい。もっと余裕かまして仕事できそうやし。)

私のブログがオカズになってるなんて光栄!
ザクザク更新しなくちゃね☆

前回のわけの分からないコメントに返事ありがとう☆
そうそう、仕事があるから休日の楽しみが味わえる、とかが大人だなぁ、と。
モノホン金持ちで日々遊べる人ってけっこう限られるように思うわー。
以前雑誌か何かで、「玉の輿は退屈なのを知っておこう」ってのを読んでミョーに納得。
玉の輿やとご主人は仕事で多忙ゆえ相手をしてくれない。
となると、玉の輿婚を楽しめるのは、毎日湯水のように金を使うことをマジで楽しめる人か、
あとは有り余るお金で自分も何か事業を始めちゃうってタイプの人らしい。
それを読んで、私はフツーがいいなぁ、と思ったもんね。
根っからの庶民!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。